タイルテラスやウッドデッキの施工など、エクステリア・外構・植栽の専門店(神奈川 藤沢・茅ヶ崎・鎌倉・平塚・横浜・湘南エリア中心)

Blog

スタッフブログ

フリーダイアル 0120-73-1128 0120-73-1128

10:00 - 18:00
定休日:火曜日・水曜日

  • 2019.10.10

    お庭の台風対策

    門倉組エクステリア事業部です。
    今週末に台風19号が関東付近に接近。上陸の可能性が高まってきました。
    今後の進路が気になるところではありますが、お庭の対策はされていますか。

     

    前回の台風15号では湘南藤沢でも被害を受け
    多くは強風によるフェンスの破損、物置の転倒でした。

     

    しっかり備えておかないとご自宅のみならず
    ご近所さんまでご迷惑をかけてしまうこともあります。
    そこで今回は、台風のお庭対策をいくつかご紹介したいと思います。

     

    ①植物の確認
    丈夫そうな植物でも、強風により根が揺さぶられ倒れやすくなります。
    支柱がない場合は長い棒を用意し、植物の脇に深く突き刺し紐で固定しましょう。
    また取付済みの支柱は外れないか、紐が緩んでいないか確認を。
    枝葉をひとまとめに束ねると、風の抵抗を多少減らすこともできます。

     

    ②ジョウロや外履きなど、グッズを片付ける
    飛ばされそうなジョウロやバケツ、
    ホースは物置内か風の影響がない所へ置きましょう。
    使っていない鉢や箒やちりとり、外履きも忘れずに。

     

    ③プランターを下へ降ろす
    壁掛けのプランターなども、万が一落ちてしまう場合もあります。
    事前に降ろしておくか、移動ができる植木鉢などはあらかじめ
    室内へ置くなどもいいかもしれません。
    おすすめは玄関内かお風呂場など汚れてもよい場所がいいでしょう。
    どうしても外に取り込む場所がない場合は、ばらばらに置くのではなく
    まとめて置きましょう。高い位置よりも地面に近い位置のほうが安全です。
    持ち運びが困難なものは、寝かせておく手もあります。

     

    ④自作のフェンスの取り外しを
    元々あるフェンスに自作でラティスや板を
    取付けられているのをお見かけします。
    製品の基準の重さや風に耐えられる構造になっていますが
    板など括り付けられていると、重さや受ける風の強さも変わってしまいます。
    破損の原因、また板が風にとばされ飛来物となることもあります。

     

    ⑤物置を固定、重たいものを入れる 
    前回の台風15号で見受けられたのは、物置を固定せず
    そのまま置いてしまったことにより 転倒・横転がありました。
    固定(アンカー基礎工事)を行うことが前提ではありますが
    中に物をあまり入れておらず、軽いと転げてしまうということも。
    また強風で扉が開いてしまうこともあります。必ずカギで施錠を。

     

    勢力が弱まることを願いますが、被害があってからではなく
    事前に対策しておくとよいでしょう。

     

    台風が過ぎ去った後も塩害対策をぜひお試しください。

    New 台風15号による塩害対策について