タイルテラスやウッドデッキの施工など、エクステリア・外構・植栽の専門店(神奈川 藤沢・茅ヶ崎・鎌倉・平塚・横浜・湘南エリア中心)

News

台風15号による塩害対策について

フリーダイアル 0120-73-1128 0120-73-1128

10:00 - 18:00
定休日:火曜日・水曜日

  • 2019.09.11

    お知らせ

    台風15号による塩害対策について

    この度の台風15号は各地に大きな被害をもたらしました。
    被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
     
    当社には台風15号で被害に受けたお客様からのお問い合わせをいただいております。
     
    いただいたご相談内容で特に多いのは、カーポートの屋根やサイドパネルの飛散
    フェンスや門扉の損壊、樹木の転倒です。
     
    また台風は海水を巻き上げた雨を降らせるため、様々なものに塩害を与えます。
    金属製品、ポストや立水栓などのステンレス素材は錆びにくいと言われていますが
    塩には弱く、錆びてしまう恐れがあります。
     
    錆びる前でしたら、真水をかけよく洗い流してください。
    錆がついてしまいしたら、製品により取扱い方が異なりますので、お問い合わせください。
     
    お庭の植栽は、特にその影響を受けてしまいます。
    塩害を受けた樹木は、葉が茶色く変色してしまい
    放置しておくと、枯れてしまう場合もあります。
     
    先ずは、樹木にかかってしまった塩分を、水で十分洗い流してください。
    そうすることで被害を最小限に抑えることができます。
     
    それでも葉が黄ばみ出したり、やがて茶色く変色してくるかもしれませんが
    枝を切り落としたり、枯れたと思って抜いたりせず
    新芽が出てくるまで、しばらく様子を見てあげてください。
     
    傷んで弱っている枝を切り落しまったり
    水や肥料をあげすぎてしまうと更に弱ってしまう恐れがあります。
    ※実際に枯れてしまうこともあります。
     
    台風の事前対策以外にも過ぎ去った後の
    メンテナンスを行うことでより長く楽しめ使っていただけます。
    ぜひお試しください。